2010年ガブリエル ひろっぱ 多治見修練院野球鍛錬記 (神言神学院野球対戦記vol.3) 「荒田啓示」

ガブリエルの人気連載コーナー「野球対戦記」も三年目でございます。支持してくださる皆さまと我らが中日ドラゴンズと共に頑張っていきます。

さて、今年度は筆者が多治見修練院にて修練期の一年を過ごしておりますので、野球は難しいなと途方にくれていたのも束の間。週に3回程は運動の時間があるのです。これまで神言神学院における対戦は定期的な練習をせずに行っていたので、ここで一年間しっかりと基礎練習を積んで、来年からまた新たな強敵達との戦いに備えようという計画でございます。

だが!! 新たな問題があったのです。まず一つは打撃練習が出来ない事。その結果がモロに数字となって表れたのが五月に運良く参加出来たスポーツ大会でした。みんながサッカーユニフォームやジャージで参加する中、一人完全な野球装備に身をつつんだ私に、当然打席でも期待がかけられました。結果、四タコという不振を極め、野球対戦記者としてあまりにも不甲斐ない姿を露呈してしまったのです。そんな私を尻目に軽々と得意の右打ちを披露する山君にはまだまだ追いつけぬようです。どこからか「センスの差だよ」という声が聞こえてきた気もしますが、私は負けない!!

そして二つ目は暑さ。多治見が暑さをウリにしているほど暑いのは周知の事ですが、本当にシャレにならない暑さです。主にログハウス前の広場で守備練習を行っているのですが、黒い服を着ているだけでもうアウトです。溶けます。皆様、多治見においでの際は熱中症対策を充分に取ってくださいませ。

今年はワールドカップイヤーという事でサッカーの方は盛り上がりましたが、やはり野球です。バットとボールが運命的な出会いを果たすこのスポーツ、まだまだ神学院における人口は少ないですが、皆様の声援と中日ドラゴンズがある限り、これからも私の戦いは続きます。来年度のガブリエルも乞うご期待!!