2010年ガブリエル ひろっぱ Short Interview with Fr. Bill, SVD SVD Asia Pacific Zonal Coordinator May 21, 2010

1. Please tell me a little about yourself.

Yes, my name is Bill Burt. I’m from Australia, my family are of French origin. I have been a Divine Word Missionary for more than 40 years. I started my studies in Australia, and then went to Indonesia, and after ordination, I worked in Indonesia for some years, then, returned to Australia where I was involved in vocation work and after some time, I went to New Zealand to work for a mission. Then I became a Provincial in Australia for some time and after that I was invited to become a Zonal coordinator.

2. What made you decide to enter religious life?

The biggest attraction for me was working with people of different cultures. When I left school, I was working in the immigration department of the Australian government, and that made me a great interest in people of different cultures. And then one day, quite suddenly, an inspiration came, and I decided that I wanted to work as a missionary among people of different cultures. I don’t really know why but that’s what happened. And so then I decided to become a Divine Word Missionary.

3. When did you take your first vow and priestly ordination?

I took my first vow in 1966 and I was ordained in 1973.

4. What was your first assignment after ordination?

My first assignment was working in a Parish in Indonesia.

5. How do you feel about being a Zonal Coordinator?

I enjoyed it very much. In our zone, we have 16 provinces and 2 regions and next year we will have another in Timor Leste. And my job is one of networking with the different regions in Asia provinces and regions encouraging them to work together and to find ways of sharing their mission with each other. And it’s very interesting helping to facilitate meeting with all other different confrere and also as generally meetings in many confreres and as I said encouraging to share with each other.

6. What is the biggest challenge as a zonal coordinator?

The bigges t personal chal lenge as a zonal coordinator is to try to be effective coordinator. As a matter of fact, I do not coordinate very much. My work is more of encouraging people to network with each other. I do certainly coordinate meetings of our different apostolate and that is challenging but it is not so difficult because we have many active confreres who are very happy to work hard and to work together. So my work is not difficult because we have many confreres who are willing to work together.

7. What can you say about the SVD today?

We are very alive. In my work I do meet often people from other congregation and many of them are not as alive as we are. Many chances look back at their glorious days of the past where we tend to look forward because we are growing and even parts of the world where we do not have new members, the attitude of our confreres is very positive that we looking forward to them.

8. If you were to choose, what ministry you would prefer other than being a zonal coordinator and if given a chance to do that, how will you do the ministry?

(Hahaha…(laughing) that is a difficult one.) I don’s really know. As well as a zonal coordinator, I worked as a Parish Priest in Australia. But as the zonal coordinator, because of its opportunity to meet some many confreres from so many different backgrounds I find this the most interesting job possible, in fact, I do what do and it’s all for good, I don’t have any preference.

9. Please leave us a short message for the SVD Japan province.

Uhhmmm…I encourage SVD Japan to continue the special mission to this special country. Japan is very different from other countries and the SVDs are also a different society. Just as Japan is unique so as the SVD is unique. And I believe that our society can make a very positive contribution to the growth of the Kingdom of God in Japan. And for our seminarians, keep up the good work! Hahahahaha…(laughing) and remember that we are all together building up the mission that we share in is the mission of God and we are called to share that mission together.

神父様ご自身のことについて教えてください。

はい、私はウィリアム(ビル)・バートと申します。オーストラリア出身で、親はフランス出身です。私は四〇年以上にわたり、神言会の宣教師として働いています。私はまずオーストラリアで勉強を開始し、インドネシアへ行き、そして叙階の後そのままインドネシアで何年か働きました。その後オーストラリアに戻って召命募集の仕事をしました。その後ニュージーランドで宣教しましたが、しばらくしてオーストラリア管区の管区長に選ばれました。その後にアジア太平洋ゾーンの担当者になるように言われたわけです。

修道生活に入ることを決心するきっかけとなったのは?

もっとも私を惹きつけたのは、異なる文化の人々と共に働くということです。私が学校を去ってから、私はオーストラリア政府の入国管理局で働いていました。この経験が私に、異なる文化の人々への大きな興味を持たせたのです。そしてある日、全く突然に神の呼びかけを感じ、自分は宣教師として異なる文化の人々の間で働きたいと決断したのです。自分でもどうしてかわかりませんが、ともかくそういうことがありました。こうして私は神言会員になることを決めました。

初誓願と叙階はいつですか?

一九六六年に初誓願を宣立し、一九七三年に叙階されました。

叙階後の初任命は何でしたか?

私の初任命は、インドネシアの小教区で働くことでした。

アジア太平洋ゾーンの担当者になって感じることは?

まず私はこの仕事を楽しんでいます。私たちのゾーンには、現在一六の管区と二つの準管区があり、来年にはチモールレステがこれに加わります。そして私の仕事は、アジアの異なる地域の連携を図ること、管区と準管区が共に働くよう呼びかけること、そして彼らの宣教を分かち合う道を見つけることです。全く違う国からの会員同士が会議を開くのを手伝ったり、互いに分かち合うよう進めたりするのは本当に興味深いですよ。

ゾーン担当者としてもっとも大きな挑戦は何ですか?

個人的に、ゾーン担当者として一番大きな挑戦は、効果的な担当者となるということです。実を言うと、私はあまり調整役として働きません。私の仕事は、皆さんがもっと互いに連携するよう呼びかけることです。確かに私はいくつもの違った奉仕職についての会議開催を担当しますし、それは私にとって挑戦ですが、あまり難しいことではありません。それは、共に、しっかりと働く活発な会員がたくさんいるからです。

現在の神言会についてどう思いますか?

私たちはすごく生き生きしていますよ。仕事柄、ほかの修道会の人々とよく会いますが、彼らは私たちほど活発なわけではありません。過去の栄光を何度も思い起こしますが、私たちは将来に目を向けています。それは私たちが成長しているからで、たとえ新たな会員がいないところでも、会員たちの態度は大変前向きです。

もしゾーン担当者ではなく、他の司牧をできるとしたら、どんな司牧を、どのようにしたいですか?

ハハハ、これは難しい質問だ。わからないよ。今もゾーン担当者として働く傍ら、オーストラリアの小教区の主任司祭として働いているし。でもゾーン担当者として、本当に多くの、全く違う背景を持った人々に会うことができるから、私はこの仕事がもっとも興味深い仕事だと感じています。でも私はよいことのためなら何でもいいし、二〇一〇年五月二十一日、神言神学院にて特に好みはありません。

神言会日本管区の会員のために何か一言お願いします。

そうですね、神言会日本管区が、その特別な宣教を特別な国で続けるよう励ましたいと思います。日本は他の国とは全く違う国で、日本の神言会も他の国の神言会とは違っています。日本が独特なので、神言会もそこで独特なのです。私は神言会が日本において、神の国の成長のためにとても前向きな貢献ができると信じています。そして、神学生の皆さん、これからもがんばって! ハハハ、そして、私たちがみんな一緒に宣教しているっていうことを忘れないで。私たちの宣教が神の宣教であり、その宣教を共に分かち合うために呼ばれているんだっていうことを。