2010年ガブリエル 神学院日誌

神言神学院日誌

【4月】
1日 入学式
4日 復活祭
9日 授業開始
24日 院集会
30日 春の遠足
【5月】
3日 金銀祝
4日 スポーツ大会
15日 聖霊降臨前のノヴェナ開始
23日 聖霊降臨祭、オープンハウス
29日 第一回神学院合同静修
30日 三位一体の祭日

【6月】
12日 ポーランドの四人の福者・殉教者記念日

【7月】
17日 第二回神学院合同静修
23日 試験期間開始
31日 第六三回侍者会(八月三日まで)

【8月】
23日 集中講義(二十八日まで)
29日 フラトレスの軽井沢静修(九月四日まで)

【9月】
8日 聖母マリアの誕生、神言会創立記念日 (一三五周年)
16日 秋学期授業開始
25日 第三回神学院合同静修
26日 会員の集い、管区長の霊名祝い

【10月】
16日 司祭叙階式@南山教会
17日 初ミサ@神言神学院
24日 世界宣教の日
29日 秋の遠足

【11月】
1日 スポーツ大会
7日 物故会員追悼ミサ@多治見
27日 第四回神学院合同静修

【12月】
5日 宣教地司祭育成の日・召命祈願の日
16日 降誕祭前のノヴェナ開始
24日 降誕の祭日前夜
25日 主の降誕の祭日(クリスマス)
27日 老人ホーム訪問

【1月】
10日 アーノルドの日、祝賀会
15日 創立者・聖アーノルド・ヤンセンの祝日
18日 大学授業最終日
20日 修士論文提出締め切り
29日 聖ヨセフ・フライナー デメッツの 祝日

【3月】
2日 フラトレス 年次黙想会(八日まで)
8日 終生誓願式、有期誓願更新式、修練期開始 式
12日 助祭叙階式

ルドヴィコ日誌(二〇〇九年九月~ )

【9月】
30日~10月2日 中間考査

【10月】
4日 西町教会創立五〇週年記念ミサに参列
10~ 1 2日 黙想会(鹿児島・マリア山荘) 隣接する聖血礼拝修道女会のベトナム人修 練女たちから、その召命の動機などについ て話してもらい、自分の召命について黙想 しました。 帰りは、桜島経由で鹿児島へ渡り、ザビエ ル上陸地とザビエル記念聖堂へ巡礼しまし た。
24~ 25日   体験入学西町教会から三名 、 褥崎教会から二名、岐阜教会から一名の参加。翌年 神学院日誌 123 四月には、その中の一人、池田素輝君が神 学院に入りました。
30日 ルドヴィコ万年青会の方々とのバスケットボール交流会。 一緒にロザリオを唱え、その後バスケット ボールの試合。 (月に一回程度行っています)
31日 創 立 感 謝 ミ サ ・ 慰 霊 祭 創立記念日(一一月一日)が日曜日と重 なったために、一日早く浦上天主堂で捧げ られた全校生参加のミサで、教区神学生と 一緒に聖歌の奉仕。

【11月】
1日 西町教会バザーの手伝い
21日   南山大学推薦入試佐野志純・大山正敏君が受験し、見事合 格!
27日 ~ 12月 1 日   期末考査

【12月】
6日 宣教地司祭育成の日 西町教会でのミサで朗読奉仕をし、ルド ヴィコ神学院をPR
7~1 1日 院長、高Ⅱの修学旅行(北海道)に同 行。新型インフルエンザ罹患生徒を病院へ 搬送し、スキーどころではなかった……、 とか。
9~1 1日 浜田叶夢アンドレ君、沖縄へ修学旅行
20日 ルドヴィコ万青会との合同クリスマス会ゲームや歌で楽しみながら、交流を深めま した
22日 終業式・神学生帰省
23日 OTP生 、Br・ジャスティンの引率で五ガ名来崎(~二八日)

【2010年1月】
6日神学生帰院
9日 西町教会での新年会に参加
12日 ジョン神父様、左耳の手術のため入院(~一三日退院)
13日 高校特別入試(松本和記君が受験し、高校進学決まる) 大雪が降り、玄関前に大きな雪だるまをつ くる。
21日 南山寮生、橋口雄太君(中一)の洗礼式がルドヴィコの聖堂で行われ、神学生は全員 参列して聖歌奉仕。
27日 高 校 の 一 次入試、池田素輝君(岐阜教会) が見事合格!

【2月】
7日 西坂巡礼・二六聖人ミサ 聖ルドヴィコ神学院の保護者聖ルドヴィコ 茨木の歩いた道を徒歩巡礼
26日 ~ 3 月 4 日   高校卒業式を挟んで、学年末考査
28日   卒業謝恩会お世話になった教職員や万年青会の方々、 長崎地区の会員を招いて、感謝のひととき を過ごしました。

【3月】
1日 高校卒業式 大山正敏君、佐野志純君の二名が卒業し て、名古屋の大神学校へ。
7日 西町教会で南山小学校コーラス部のチャリ ティーコンサートがあり、神学生もミサに参列。その募金はルドヴィコ神学院にも寄 付されました。
13日 中学卒業式(松本和記君) ご両親と二人の妹がお祝いに来ました。
20日 終業式(一年間の学業を終えて帰省 。四月には一学年進級だよ)
21日 ルドヴィコで 『主和会』の黙想会(濵口院長の講話) 25日 ジョゼフ・パサラ助祭が来崎 。一年間聖ルドヴィコ神学院に居住し、西町教会で司牧 実習を行ないます。
27日 長 年 、 長崎南山学園の奉職された清水克己先生(二〇〇九年三月三〇日永眠)の一周 忌ミサがルドヴィコで行われ、五〇余名が 参列。神学生は帰省中のため、万年青会の メンバーが聖歌奉仕を行う。

【4月】
1~4日 純心聖母会の各修道院で聖週間の典礼 奉仕(神学生が帰省中のため侍者なし、 ちょっと寂し典礼だった……かな?)
5日 神学生帰院(新入生:磯部悠介、池田素輝君) 全員元気に帰院し、五名で新年度スター トです。それにドイツからの研修生ハウ ザー・ヘンリク君が一緒に生活します。
7日 始業式・入学式(磯部悠介君と池田素輝君 のご両親も出席)
11日 新入生とヘンリク君の歓迎を兼ねてボーリングに行く。
18日 西町教会で行われた堅信式で 、 佐野晶君が堅信を受けました。

【5月】
2~3日 津和野へ巡礼し、『おとめ峠まつり』に参列。往きは秋芳洞と長門市、帰りは山 口のサビエル記念聖堂に立ち寄りました。
11~ 13日   中間考査
19日 NCC(長 崎 文 化 放 送 ) が 神 学 生 の 生 活 を アンドレ君を中心に一日取材し、二九日午 後二時からの『学園ひろば』で放映されま した。

【6月】
12~ 1 4日 中総体のテニスで、佐野晶、磯部悠介 君双方とも一回戦で敗退。サッカー部のア ンドレ君は応援で活躍(準優勝)。
18~ 1 9日 佐野晶君は漁業体験で生月へ。磯部悠 介君は一九日に田植え体験で大瀬戸へ。
30日 ~ 7 月 3 日   期末考査

【7月】
4日 万年青会との交流会・バーベキュ万年青会 とバレーの試合で完敗。その後は、バーベ キューで乾杯。
6日 ジョン神父様、今度は右耳の手術のため入 院。(~一三日退院)
11日 神学生募集のために、西町教会でのミサに 参列。
12日 ヘンリクの送別会 (南山中高の海外研修担当の先生とヘンリクのクラス担任、校長の 松本神父様も招待)
17日 終業式 (神学生は高一を除いて順次帰省)
21~ 2 6日 高一は雲仙合宿に参加しました。
22~ 2 4日 ジョン神父様とジョゼフ助祭は、濵口 院長に連れられて五島巡礼。「教会の中で よりも、車の中での方がよく祈った……」 とのこと!(なぜでしょう?)
31日 ~ 8 月 3 日   侍者会手伝い今年は、神学生五名と指導司祭・院長、総 出で侍者会の手伝いに出向き、ルドヴィコ 神学院をアピール。何人の神学生が集まる のかな?

【8月】
9~1 1日 大阪・岸和田地区の中高生(引率者を 含め一五名)が平和学習のために来崎し、 ルドヴィコ神学院に宿泊。夜中まで、今回 の研修と今後の活動計画について熱心に討 議していました。
26日 神学生帰院
27日   始業式フィリピンで宣教司牧を行なっている石川 隆三郎神父様が来崎(~三〇日)。日曜日 のミサの説教で、フィリピンの活動などに ついて話されました。

【9月】
11日 体育祭今年は天候にも恵まれ、大いに盛り上がり ました。