2010年ガブリエル 総会長メッセージ

Dear Confreres and Friends,

It gives me immense joy to be able to greet the readers of Gabriel –seminarians, confreres, friends and benefactors of the Divine Word Seminary in Nagoya. It is in the name of the SVD General Council and the entire SVD Generalate in Rome that I send you these greetings.

I am happy that you have chosen “Seitai” or the “Body of Christ” as the theme of this year’s issue of your magazine. As you know, Pope Benedict XVI has declared this year as the “Year of the Priest” And the priest, as we know, has a special connection with the Body of Christ, not only because he handles the body of Christ at the celebration of the Eucharist, but also because he is tasked to care for the body of Christ, which is the Church, the community of believers.

At the moment of consecration at mass, the priest is reminded that Jesus “took” the bread, “blessed” it, “broke” it and “gave” it to his disciples. This is a statement as well of our missionary vocation. By calling us, Jesus also “took” us; by choosing us, he also “blessed” us; by forming us, he also “troke” us, so that blessed and broken, he may “give” us to the people as his missionaries.

True missionary formation, therefore, entails a transformation in the perspective of Jesus’ passion, cross and resurrection. That is why formation entails a process which is like the “breaking” of the bread. And that is why, too, formation can sometimes be a painful process. But unless we are willing to be broken, the Lord will not be able to use us; he will not be able to “give” us to his people.

Thus, part of the aim of formation is to develop in the formandi the capacity to be broken and be given to people. But so that the process of breaking will not be destructive, we need always to remember that we have been “taken” and “blessed”, that the “breaking” is really part of the blessing.

Dear friends, may God’s Spirit guide you in your formation, so that when one day you say: “This is my body broken for you”, you will mean it with your heart and soul.

ガブリエルの読者の皆さん、すなわち神学生、会員、名古屋の神言神学院の友人と恩人の皆さんにご挨拶できることはわたしにとって大きな喜びです。ローマの神言会総顧問会と総本部全体の名において、皆様にご挨拶申し上げます。今年の冊子のテーマとして「Seitai」、「聖体」を選んだということで、わたしはうれしく思っています。ご存じの通り、教皇ベネディクト十六世は今年を「司祭年」と宣言しました。そして司祭は、周知のように、キリストの体と特別なつながりを持っています。それは、ただ司祭が聖体祭儀でキリストの体を取り扱うというだけでなく、信じるものたちの共同体、教会というキリストの体を世話する役割を与えられているからです。ミサの聖変化の時に司祭は、イエスがパンを「取り」、「祝福し」、「割って」、彼の弟子に「与えた」ことを思い起こします。これは私たちの宣教師としての召命の宣言でもあるのです。イエスは私たちを呼ぶことによって私たちを「取り」、私たちを選ぶことによって私たちを「祝福し」、私たちを養成することによって私たちを「割り(壊し)」、こうして祝福され、割られたものをイエスは人々に対して彼の宣教師として「与える」のです。そうです、宣教師の真の養成とは、イエスの受難、十字架、そして復活全体への転換を伴うものなのです。そのために養成はパンを「割る」ような過程を伴うのです。しかし、私たちが割られることを望まない限り、主は私たちを使うことはできません。そして、私たちを人々に「与える」こともできないのです。このように、養成の目的の一つは、割られ、また人々に与えられるという能力を養成を受ける者の内に育むことです。しかしそれ故に、割る過程は破壊的なものにはなりません。私たちはいつも、自分たちが「取られ」、「祝福され」ていることを忘れてはなりません。「割られる」ことは祝福の一部なのです。親愛なる皆さん、神の霊が皆さんの養成を導いてくださいますように。そして皆さんはいつの日か、「これは、あなた方のために割られた私の体である」と、心と魂の底から言うことができるでしょう。神の愛の兄弟愛のうちに。

Fraternally in the Divine Word,

Antonio M. Pernia, SVD

Superior General