2018年度、出発!

主の平安!
みなさま、お久しぶりです!
今日は、みなさまに神学院の近状を報告したいと思います。

まず、2名の神学生が先日、終生誓願を宣立いたしました。彼らは明日(3月17日)、助祭叙階の恵をいただくことになります。式は朝10時からです。この2人は、助祭として神の言葉を告げ、母なる教会とみなさまのために一年間奉仕することになります。そして、来年の三月(日にちは未定)に司祭叙階する予定です。お祈りくださいますように。

終生誓願を宣立

・3名の神学生は南山大学の大学院に入ることになり、これから司祭になるための必要な勉強を続きながら、大学院の勉強をいたします。
・2名の神学生は海外から日本へ派遣されて、2年間の日本語の勉強を終え、南山大学キリスト教学科の3年生として編入いたします。
・2名の志願者が新たに神学院共同体に加わりました。彼らは南山大学キリスト教学科の一年生となり、2018年度から司祭になるための勉強を始めます。

こうして、神様がこの神学院の上に豊かな恵を注いでいることが明らかです。本当に、感謝!
また、私たちがこのように司祭へなるための一歩一歩を可能にしているのはみなさまです。みなさまの支えがあって、私たちが勉強と共同生活に励むことができます。

みなさま、本当にありがとうございます。
これからも、私たちのために祈り続けてくださいますように。
また、神様がみなさまの上に豊かな祝福が注がれますように。

下は式の練習をする神学生たちです。


近状報告でした。