ガブリエル」カテゴリーアーカイブ

2014年度ガブリエル91号「家族は祈りと活動のエネルギー源」ヴィアトール修道会 助祭 バティオノ・ウィリアム・セルジュ

家族は祈りと活動のエネルギー源

ヴィアトール修道会 助祭 バティオノ・ウィリアム・セルジュ

カトリック教会では、夫婦を最小単位とし、基本的に夫婦と子どもという構成で「家族」を捉えている。しかし、私は子どもの頃、祖母の家で育ち、両親は別の家で暮らしていた。これは、なにか特別な事情があったわけではない。私の母国、ブルキナファソでは子どもは両親と共に暮らさない習慣があったからだ。しかも、私は小神学校に通ったので、中学生で家族から離れて暮らした。大学では、家族から350km離れた街で暮らした。だから、私には「共に暮らす家族」の思い出があまりない。では、私はとても孤独だったのだろうか?そんなことはない。母は私を厳しく、そして優しく愛してくれた。日本とブルキナファソはとても遠いので、母にはめったに会えないし、電話やインターネットでの会話も頻繁にはできない。しかし、母と私は親子の愛情でしっかりと結ばれ、互いに心配し互いに励まし合いながら、今日に至っている。一緒に暮らしていることだけが「家族」の証明にはならないということだろう。 続きを読む

2014年度ガブリエル91号「家族の花、神のプレゼント」グアダルペ宣教会神学生 フェルスカ・ロサス・ホセ・フランシスコ

グアダルペ宣教会神学生 フェルスカ・ロサス・ホセ・フランシスコ(上左)

グアダルペ宣教会神学生 フェルスカ・ロサス・ホセ・フランシスコ(上左)

家族の花、神のプレゼント

グアダルペ宣教会神学生 フェルスカ・ロサス・ホセ・フランシスコ

家族について話す時、私はすぐに頭で私の家族を思い出します。それが、私が自分の家族について書くことにした理由です。

私は時々朝に、目を覚ます時、子供時代について考えて、母を思い出します。彼女は普通朝早く起きて、聖母マリアの美しい歌を歌いながら,花に水をやりました。それから、家族のために、おいしい朝ご飯を作りました。今でも、良い思い出です。母がお祈りを教えてくれたおかげで、私は神様と話ができます。 続きを読む

2014年度ガブリエル91号「私の家族」グアダルペ宣教会神学生 オズワルド・カストロ

グアダルペ宣教会神学生   オズワルド・カストロ

グアダルペ宣教会神学生  オズワルド・カストロ(中央)

私の家族

グアダルペ宣教会神学生  オズワルド・カストロ

私の家族は大きい
多くは、そのメンバーである
思いやりのある人がいる
その他少し遠い
しかし、すべて一緒に
非常に明るい家族 続きを読む

2014年度ガブリエル91号「家族:「与える』と『もらう』場」終生誓願宣立神学生 ファノ・ジャマン

終生誓願宣立神学生 ファノ・ジャマン

終生誓願宣立神学生 ファノ・ジャマン

家族:「与える」と「もらう」場

終生誓願宣立神学生 ファノ・ジャマン

1.「与える」と「もらう」について

私達の人生の中で「与える」または「もらう」ということは、頻繁に行われます。それは様々な分野で、様々な仕方で行われます。そして、与えるものともらうものも様々なのです。例えば、具体的な「もの」であれば、食べ物、飲み物、お金などがあります。そして、時間、言葉、アイデアなどというような抽象的ものもあります。誕生日の時にプレゼントをあげる・もらう、他の人と一緒に過ごす時間を与える・もらう、困っている人を助ける為に励ましの言葉やアイデアや行動などを与える、もらうなどというような仕方で私達の人生の中でよくあるでしょう。 続きを読む

2014年度ガブリエル91号「家族と教会 ―比較的反映―」終生誓願立願神学生 ディエゲル・アルフォンスス・アフリ

終生誓願立願神学生 ディエゲル・アルフォンスス・アフリ

終生誓願立願神学生 ディエゲル・アルフォンスス・アフリ

家族と教会 ―比較的反映―

終生誓願立願神学生 ディエゲル・アルフォンスス・アフリ

私たちはそれぞれの家族の背景があり、それぞれの家族の背景を互いに分かち合うとすれば、家族の特徴が豊かになると言えるのではないかと思います。家族の背景と言えば、一切が楽しいことばかりのではなく、「生活を維持するための苦しさ」もあります。しかし、様々なことがある中で、家族の一員として、また家族から出た私たちはどのように家族の豊かさを把握するのかが大事なことだと思います。家族の一員でありながら、カトリック教会の一員でもある私は、自分が反映した家族と教会の比較を皆さんと分かち合います。 続きを読む

2014年度ガブリエル91号「兄弟という家族」立願神学生 荒田啓示

立願神学生 荒田啓示

立願神学生 荒田啓示

兄弟という家族

立願神学生 荒田啓示

ルドヴィコ小神学院に入った時から数えて今年で12年目、現在24歳の私は丁度人生の半分を神言会共同体の中で過ごしている事になります。我々は世界中どの神言会会員に対しても「兄弟会員」として接します。年が若かろうと年配の会員であろうと、神言会会員がそこにいれば、その人は我々の兄弟であるわけです。こうして言葉にするのは簡単ですが、お互い一人の人間であり、通常の家族のような血の繋がりはありません。 続きを読む

2014年度ガブリエル91号「家族とは」立願神学生 森 智宏

立願神学生 森 智宏

立願神学生 森 智宏(右)

家族とは

立願神学生 森 智宏

「家族」と言われて、最初に思い出したのは、「街は大きな家族」という、昔読んだ小説の台詞であった。その物語は「家族」を一つの主題としたもので、街の出来事に振り回され、主人公の家族がバラバラになっていくものであったが、家族が一つにそろった時、主人公は街に見守られていることに気付き、「街は大きな家族」であるということに気付くというものである。「家族」条件として、血縁、生活環境や暮らしている住居を共にしていることなどが挙げられると思うが、一つには「見守る」といったような、一つの「まなざし」があるかもしれない。 続きを読む

2014年度ガブリエル91号「家族」立願神学生指導司祭 暮林 響

立願神学生指導司祭 暮林 響

立願神学生指導司祭 暮林 響

「家族」

立願神学生指導司祭 暮林 響

先日のある日曜日の晩、何気にテレビを付けたら、「マルモのおきてスペシャル2014」という番組が放送されていました。三十代の独身サラリーマンが、死亡した親友の忘れ形見である幼い双子を引き取り、生き抜く姿を描く、二〇一一年にフジテレビ系列で報道されていた連続ドラマの、その後バージョンです。 続きを読む

2014年度ガブリエル91号「家族の範囲が広がっていく」修練士 傍島 義雄

修練士 傍島 義雄

修練士 傍島 義雄

家族の範囲が広がっていく

 

修練士  傍島 義雄

 

修練期が始まって間もない三月に、甥っ子が生まれた。私にとって初めての甥であり、私の両親にとって初めての孫である。あの妹がついに母親になったのかと思うと、とても感慨深い。新しい命の誕生は、家族にとって大きな喜びである。 続きを読む

2014年度ガブリエル91号「家族を知る期間」修練士 篠崎 エジルソン

修練士 篠崎エジルソン

修練士 篠崎エジルソン

家族を知る期間

修練士 篠崎 エジルソン

ことしも『ガブリエル』の時期がやってまいりました。皆様と、少しばかりのことを分かち合うことが出来る喜びを感じます。今回のテーマ「家族」について、しばらく考えてみました。そこで、二つのことについて皆様と分かち合いたいなと思いました。 続きを読む