お知らせ」カテゴリーアーカイブ

八雲町神学院建設50周年「感謝年」ミサの説教

神言神学院50周年記念

開会ミサ
神学院、2016年5月27日(金)
神学院長マリアヌス・パレ・ヘラ神父

 日本管区での神学院の歩みは1949年に始まりました。戦後間もなく、敗北から這い上がってきた戦後日本と共に、神学院も小さな一歩を踏み出しました。最初は滝川町で、浄土真宗のお坊さんになるための専門学校の土地建物を司祭宣教師を養成する場に変身させました。司祭二人、神学生10人という体制でした。戦後という、けっして楽な時代ではなかったはずです。しかし、先輩たちはその時代が差し出したチャレンジをチャンスとして見ていたのです;み言葉をより深く根付かせるチャンスとして見ていたのです。目の前のことだけではなく、20年先、30年先、50年先のことを見抜いていたのです。初代院長トナイク神父様をはじめ、当時の先輩たちの強い決心、惜しみない努力、鋭いビジョンがあってこそ、今の神学院があるのではないでしょうか。 続きを読む

5月20日 マザーヨゼファの祝日

madre_Josefa

今日は、福者ヘンドリナ・シュテマンス(マザーヨゼファ)の祝日です。私たち神言会の姉妹会である聖霊会の共同創立者です。
1852年ドイツに生まれ、聖霊会創立前の5年間、神学院で働きながら、会の創立を待ちました。会が創立されてからは、上長シスターマリアを助けて創立 期の困難な時に、シスターたちのために優しく配慮しました。シスターマリアが観想部門(永久礼拝聖霊会)に移籍した後は、上長として会の発展に尽くしまし た。2007年に聖座から彼女に列福の栄誉が与えられ、2008年6月29日にオランダのテーゲレンで列福式が行われました。
マザーヨゼファ、私たちのために祈りください。
(出典:聖霊会ホームページ http://www7b.biglobe.ne.jp/~ssps/mokuji.htm

聖霊降臨ノヴェナ 4日目 エジルソン

ガラテヤの信徒への手紙

霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制です。これらを禁じる掟はありません。キリスト・イエスのものとなった人たちは、肉を欲情や欲望もろとも十字架につけてしまったのです。わたしたちは、霊の導きに従って生きているなら、霊の導きに従ってまた前進しましょう。 続きを読む

2016年聖霊降臨ノヴェナ

みなさま、今年も神学生たちによる聖霊降臨ノヴェナが始まります。聖霊降臨の主日まで、一人一人の神学生が朝の祈りの中で、分かち合いをします。
その内容は、日々ここにアップしますので、どうぞご覧ください!

2日目 傍島神学生

3日目 荒田神学生

4日目 エジルソン神学生

5日目 ジョナサン神学生

6日目 馬場神学生

 

2016年度神学院共同体

みなさま、久しぶりです!
新年度が始まり、我が神学院の院集会が行われました。
そこでは、神学院に住んでいるすべての兄弟が集まり、典礼・施設・年間カレンダーについて話し合います。その後、共同体集合と各共同体の写真を撮ります。

今年度の写真はこちら:

IMG_4481全員集合!

IMG_4484
終生誓願者の会員

IMG_4491ザビエルハウス共同体

IMG_4494フラトレス共同体

新しい仲間!

仲間が増えました!
御受難修道会の馬場神学生が私たちとともに生活し、南山大学で哲学と神学の勉強をすることになりました。
馬場神学生、神学院へようこそ!
自己紹介はこちらでご覧ください。


みなさま、馬場神学生のためまた神学生たちのためにお祈りくださいませ!