復活徹夜祭の説教(品田神父)

復活徹夜祭

(2016年3月26日)
神学院大聖堂
品田神父

皆さん、主の御復活おめでとうございます。

今日読まれた福音書には、週の初めの日、朝早く婦人達がイエス様の墓を訪れた時の出来事が描かれています。「墓」はイエス様の亡きがらが埋葬されているところであり、イエス様亡き後、暗闇の中に生きる彼女達にとって愛するお方との思い出に浸れる場所だったのかもしれません。だから「墓」は婦人達が過去の思い出の中で、亡きイエス様と関わろうとしていることを表しています。彼女だけではなく弟子達も十字架上でイエス様が殺されて以来、自分達の思い出、心の痛み、悲しみを互いに分かち合っていたことでしょう。そして話せば話すほどに自分達の失敗と失った者の大きさに気がつき、どんどんと心の闇が深くなり、落ち込んでいってしまったのだと思います。イエス様への愛が大きければ大きいほど、弟子達の心の闇も深くなっていくのも理解できます。もしかしたら暗い墓に閉じ込められていたのは、イエス様ではなく、絶望的な気持ちを持って過去だけを見つめ続ける婦人達や弟子達の心であったのかもしれません。イエス様と一緒のとき彼らは、自信にあふれいつでも心を開いていました。しかしイエス様を失うことによって心が固く閉ざされてしまい闇の中に閉じ込められてしまっていたのでしょう。これでは過去におけるイエス様との出会いや素晴らしい思い出さえも呵責の念しか呼び起こさなくなってしまいます。

私達が生きている人生には、様々な時があります。すべてがうまくいき、生きていることが楽しくて仕方がない時。他の人のために働くことに喜びを感じ、軽い足取りで歩んでいける時。弟子達がイエス様と共に働いていた時は、このように感じていたと言えるでしょう。しかし、同じ人の人生でもまったく違った時もあります。生きていること自体が苦しくて、どのようにして乗り越えてよいかわからなくなる時、過去を思い出せば憂いを感じ、将来を考えれば心配と不安しか感じられない耐え難い時もあります。人生の暗闇です。これはイエス様を見失ってしまった後の弟子達や婦人達そのものです。私達の人生においても苦しみのあまりに、あたかもキリストを見失ってしまったかのように感じてしまう時もあります。

しかし、神様は、イエス様が埋葬されていた墓の石だけではなく、弟子達や婦人達の心を閉ざしていた大きな石も取り除き、十字架にかけられて死んだイエス様が復活されたことを知らせてくれました。同様に私達が辛い時、苦しい時、特に神様すら見失ってしまっている時に神様は、私達の心の石を取り除き、私達の傍らを共に歩んでくださる、よみがえられたキリストと出会わせてくださるのです。そして開かれた心を持って世界を見ると、どんなときでも神様が見守り支えてくださっていること、そしてあなたの周りにいて暖かく明るい光を送り続けてくれている優しい人達が見えてくるのです。

よみがえられたキリストと出会うことによって人間というものは、変わります。福音書に登場する人物は、婦人達も弟子達もイエス様のために命を失うことすら厭わなくなるほどの勇気を持つにいたりました。そうなるためには暗闇の体験が必要だったのです。暗闇が深ければ深いほど、その中で光はより一層、輝き始めるのです。イエス様の復活の光、愛の光によって暗闇を照らしてみたときに、人生の暗闇や苦しみは神様の光といつくしみが差し込むための入口であったことに気がつきます。どうか御復活されたキリストが光となって私達の心の中で輝きますように。そして私達も闇の中に生きている人達のための光となれますように祈りましょう。